すべてFX
ホーム > 注目 > 所有年数が5年以上だった場合

所有年数が5年以上だった場合

通常なら、ローンの残債があったら、支払い終えなくては、不動産の売却は不可能です。

 

支払い残高をゼロにできなくて、売却しか残されていないなら、任意売却というやり方があります。

 

任意売却の経験豊富な会社がいくつもありますのでとりあえずは詳しく話をきいて、いいと思ったら契約し、代わりに債権者との話も進めてもらうのがすんなり解決する選択でしょう。

 

内覧というのは、不動産売却では、売買契約の有無を左右するカギといえます。

 

内覧の前には購買意欲をなくさせないためにも、自分が買う立場だったらと仮定してみて、見落としがないか物件のコンディションを見直すことになります。

 

圧倒的多数の買手が求めている物件は、キレイで明るく広い物件だといえます。

 

内覧がマイナスにならないためには清掃業者レベルの掃除を行った上で、いらないものを捨てるなど、少しでも印象アップに役立ちそうなことは全部やると後悔しません。

 

一戸建てを売った場合、当然代金が入りますね。

 

そこから売るのに必要となった経費や購入費などを引いて、残ったものが譲渡所得です。

 

このお金は譲渡所得税という税金の課税対象なのです。

 

税率は一律ではありません。

 

短期譲渡(所有年数が5年以下)と5年以上の長期譲渡とを比較すると短い方が税率が高いのです。

 

ところで、物件を売っても譲渡所得が得られるとは限りませんね。

 

プラマイゼロどころか、マイナスになってしまうこともあります。

 

こんな時は所有年数が5年以上だった場合に限り、特例として、損失の損益通算と繰り越し控除の特例が受けられるので、とてもお得です。

http://peachup1.web.fc2.com/